Performance Design

デザイン

デザイン

「デザインはパフォーマンスに準ずる」という基本理念

力強くバランスのとれたエクステリアデザイン。スポーツシートが特徴的なAMGのインテリアデザイン美学。小さなパーツひとつとってみても、Mercedes-AMGがモータースポーツのDNAを受け継いでいることは明らかだ。

約45年もの長きにわたり、入念なクラフトマンシップとテクノロジーへの飽くなき情熱によって、スポーティかつ高級感あふれる自動車の代名詞となっているMercedes-AMG。そのダイナミックな個性と革新的な技術の数々は、ファクトリーだけでなくサーキットでも磨かれている。

モータースポーツへの挑戦と勝利を通して経験を重ね、エンジニアのあくなき情熱とともに、スポーツカーの限りない進化を支え続けるMercedes-AMG。「デザインはパフォーマンスに準ずる」という基本理念のもと、ごく小さな部品ひとつに至るまで、精密に造り込む妥協のない設計姿勢を持ち続けている。

エクステリア

エクステリア

AMG ブランドの象徴

モータースポーツのDNAを受け継いだAMGのフォルムを特徴付ける2つの要素、ラジエーターグリルとエアインテークは個性的なアイデンティティを持つスタイリングとなっている。

ラジエーターグリルは、車の縦方向のラインと調和し、エアロダイナミクスの特性によってさらに強調される。

ラジエーターグリルの下にある「A」の形をしたエアインテークは、AMGモデルの大きな特徴のひとつである。そのエアインテーク下にある、黒いフィンは、冷却システムを通る空気の流れを最適にするために存在しており、これもモータースポーツで得た美学と高度な技術の理想的な組み合わせである。

ラジエーターグリルとエアインテークは、AMGブランドの顔を強調させる。これらがMercedes-AMGの高性能ブランドとしての印象を高めるエクステリアである。

インテリア

インテリア

スポーティーな第一印象が車内でも続く、
AMG独自の設計。

AMGに乗り込んだその瞬間、きっとドライバーには感動が訪れる。まるでドライビングの楽しみを保証してくれるかのようなAMGのデザイン。そしてナッパレザー、スポーツシート、上質なウッドやカーボンファイバーのインテリアトリムが、AMGのデザインの妥協のなさを証明する。

さらにAMGパドルシフトを備えた、人間工学に基づいたAMGスポーツステアリングに手を伸ばせば、マシンとの一体感を感じることができる。小径のAMGパフォーマンスステアリングは、ドライバーのハンドリングをよりダイナミックなものにしてくれる。

何よりも、AMGインテリアデザイン美学の特徴はスポーツシートにある。モータースポーツで培われた技術がどのようなシーンでも完璧にドライビングをサポートする、スポーティーかつ美しいシートなのだ。